安心・納得・満足の低価格でリフォーム工事をする秘訣


そのリフォーム工事、どこの会社に依頼しますか?


リフォーム関連会社、沢山あって、どこに依頼しようか、迷っていませんか?


(1)必ず複数のリフォーム会社から見積もりをとること。


(2)会社の選択など迷いが出たとき、
   適切なサポートを受けられること。


お家の中で「あそこをこうしたい」「ここを直さなきゃ」など、気になっている箇所。ありませんか?

早めに対応したいですが、そんな時に一番気になるのは、その費用です。

安心納得のお得なコストで、施工も万全なリフォームができれば、うれしいですね。



ある調査によると、リフォームしたい箇所で、一番目は風呂場、二位はキッチン、三位はトイレとのことです。

一位と二位は入れ替わることもあるようですが、いずれも水周りとなっています。


水を伴って毎日使っていると当然汚れや傷みが出てくるので、当然と思われます。

風呂場の場合は浴槽の交換や、風呂場の面積をもう少し広くして、大きな浴槽にして、ゆったりと疲れをとりたい、またカビや汚れなどで浴室内の壁のタイルなどの張替えなどケースも多いようです。

キッチン周りの場合は、シンクを広く機能的なものに取り替えるや、レンジなどを交換したいなどのニーズ。

あとはシンクとカウンターを対面式にしたいなどの要望も多いようです。

トイレの場合は、便器の交換、温水シャワー付の便座に交換するなど。



いずれの箇所も家族全員が毎日、等しく使用する場所なので、意見の一致が得やすく、リフォームニーズが高い場所となっているようです。


そのような箇所のリフォームは仕様的にも価格的にも、家族全員が納得、満足出来るリフォームを行ないたいですよね。



また、現在、コロナの感染源として、家庭内が多くなっています。

家族の中の誰かによって、家庭にコロナウィルスが持ち込まれたとしても、他の家族に感染させないことが重要です。



家庭でのコロナウィルス対策として、やっておきたいこととしては。


壁材をウィルスに対して、不活化のものにする。


床材をウィルスに対して、不活化のものにする。


ドアノブや取っ手など抗菌素材のものにする。


水栓非接触タイプのものにする。


換気設備を設置する。     


などが考えられます。

①壁材をウィルス不活化のものにする

ウイルスが付着したとしても、ウィルスを不活化させる。
 



②床材をウィルス不活化のものにする

ウイルスが付着したとしても、ウィルスを不活化させる。
 



③ドアノブや取っ手などを抗菌素材のものにする

ウイルスが付着したとしても、ウィルスを不活化させる。
 



④水栓をノンタッチ式/自動式タイプのものにする

水栓に触れなくても、水栓の開け閉めができるようにする。



⑤家内の空気の流れを考えた換気システムを設置する

窓を開けなくても、室内の空気の換気が自動で定期的にできるようにする。 





部位別の一般的なリフォーム時期


リフォーム施工会社はその親会社や設立経緯などから工事箇所によって、得意不得意があります。


当然、得意な箇所のリフォーム工事は経験も豊富なので、安心・納得・満足の低価格でサービスを提供できます。


水周り関係のみでなく、リフォームをする場合は経験豊富で、相談でき、施工的にも価格的にも納得、安心出来る会社に依頼したいです。


それを実現するには、複数社の見積もり、会社の選択などで迷いが出たとき、適切なサポートを受けられることが必要です。



そんな時、オススメできる方法をご紹介します。

リフォーム工事を施工する会社の種類。


リフォーム工事を施工してくれる会社の主な種類をご紹介します。



①リフォーム専門会社

壁紙の張り替え、水まわり設備の交換、外壁・屋根のリフォームや、目隠しフェンス・門扉といったエクステリア工事など、業者によって施工できる範囲は異なります。

リフォーム全般に対応している所もあれば、増改築・リノベーションなど大規模な工事が得意という所もあります。

地元密着型の小規模・中規模な企業も多く、またデザイナー・建築士・介護福祉士など専門的な知識を有したスタッフが在籍している業者も多いです。



②ハウスメーカー系

たいていのハウスメーカーは、子会社もしくは事業の一部で、リフォームサービスも展開しています。

間取り変更やリノベーション、増改築、耐震工事、断熱リフォームなどの大規模な工事を扱っている場合が多いですが、水まわりや外構を施工してもらえる例もあります。

一戸建てもマンションも対応できる業者や、大手で全国対応してくれる会社も多数、存在します。



③設計事務所や建築家


リノベーションなどの大規模工事を得意とする傾向がありますが、キッチンや浴室のみの工事を引き受けてくれるケースも見られます。

耐震・断熱工事やバリアフリーリフォームなどに詳しい業者も多いです。 設計料が別途かかることもありますが、デザイン性・オリジナル性にこだわりたい場合などにも適しています。



④工務店


対応できる工事内容は広範囲の傾向があり、洋室・廊下の内装リフォームや、浴室の改装、外構工事、増改築なども施工できる業者が多いです。

自社で設計から担当している会社もあれば、提携している設計事務所のデザインに従って工事のみを行うタイプの業者もいます。



⑤家電量販店・ホームセンター


家電量販店やホームセンターが運営するリフォームサービスでは、コンロ・洗面化粧台や、店舗でも扱っているウッドデッキの取り付けなど、大手メーカーの既製品を中心に施工してくれます。

シンプルにトイレを交換したい時などに、金額を抑えやすいという点が魅力です。 店舗の展開状況によっては対応できる地域が広範囲で、大手であるという安心感もあるでしょう。



⑥インフラ系・職人系(水道/電気/ガス/屋根/内装/建具など)


水道・電気・ガスを供給している会社の系列店でも、リフォーム事業を行っている場合があります。

水漏れ修理や、電気配線工事、給湯器の交換、ガス配管工事など、それぞれの専門分野を活かした工事が中心です。

また、屋根・外壁・内装・ドア・窓などの工事に特化した職人が経営する業者も多数あります。

外装の施工であっても、塗装職人や、瓦職人、タイル職人など、異なる分野の専門職が存在します。

他にも、建具屋・サッシ屋、大工、クロス職人など、一部分の工事において力量を発揮するプロも多いです。



⑦住宅設備メーカー系


LIXIL(リクシル)・TOTOなど多くの住宅設備メーカーは、自社製品を取り扱う工事店とのネットワークがあります。

システムキッチンや、断熱性が高い窓など、すでにご希望の商品・メーカーが決まっている場合などに利用しやすいでしょう。


リフォーム会社を選択する際のポイント

1. 希望のリフォームと同様の工事の実績があるか

2. 要望に合わせた提案か

3. 質問に対する回答が的確か

4. 担当者との相性は良いか

5. できれば近くのリフォーム会社が理想

6. 保証・アフターサービスの内容

7. リフォーム協会などの団体に加盟しているとよい

8. 成約数の多さや口コミなど情報



これだけポイントがあると、

では、実際



・どんな種類の複数のリフォーム会社に見積り依頼したらよいのか?

・最終的に、どこの会社を選んだらよいのか?

                           などなど


迷ってしまいますよね。



そんなときに心強いサポートしてくれる方法があるんです。








お客様の声








複数のリフォーム会社よりの見積もりを比較する重要性