「自然災害によって生じた被害は『火災保険』が適用されます」  「損害保険金給付」の権利 捨てていませんか?


修理が必要だけれども、「修繕費がない」などと悩む前に、申請してみましょう!


ご自身が当該物件(所有物件)に居住されていなくても、空家等でなければ、基本的に対象となります。


今までチェックをしていない場合や気になるところがある場合は、梅雨時の集中豪雨や、台風シーズンなど災害発生可能性のある季節がやってくる前にも調査しておくことが大切かもしれません。



地震保険に加入している場合は、その被害も申請対象


地震保険に加入されている方は、地震による被害も申請の対象となります。


建物の基礎や外壁にヒビ割れがある場合には、地震による被災の可能性があります。


昨今の地震で、どこかに不具合箇所が発生している可能性もあります。



水害、土砂災害などによる被害も申請対象


大雨などによる洪水などの水害土砂崩れなどの土砂災害自然災害です。


これらによって引き起こされた被害も申請対象となります。




自費で工事を依頼してしまう前に、ぜひ無料現地調査を。


自費で工事を依頼してしまう前に、ぜひ無料現地調査から始めてみてください。



とりあえず、申請してみることが大切です。







自然災害を含めた被災の申請期限は被害にあってから3年以内が目安です。


損害保険金請求の権利があることを有効利用しましょう。








損害保険金が下りなかった場合は?




申請事例


全てのお客様が当てはまるわけではありませんが、ケースによっては申請金額よりも高い損害保険金が下りることもあります。


ご自身で保険会社とコンタクトすると、保険会社の担当者によっては、電話で被害状況を確認するのみで申請対象外とされる場合も。