家庭用脱毛器

家族みんなで使って、ハイコストパーフォーマンスを達成!


女性のみなさん! ノースリーブや水着を着るお肌の準備は万全ですか?


女性は、これからの季節に備えて、脇の下、デリケートゾーンの脱毛処理に。



男性のみなさん! 脱毛器は女性だけの機器ではありません。例えば、ヒゲの脱毛が出来ます。


男性も例えばヒゲ脱毛で、毎朝のヒゲ剃りが不要に。朝の貴重な5分が節約できます


家庭用脱毛器でヒゲ脱毛すると、髭剃りの手間がなくなるだけでなく、肌がキレイになります。


メンズエステなどでヒゲ脱毛しようとすると、平均で10万円以上の費用がかかると言われています。





家族みんなで使える脱毛器のメリット


家族で利用できる脱毛器を購入し、家族みんなで利用できれば、非常によいコストパーフォーマンスとなります。




どんな脱毛器をえらべばいい?


いざ脱毛器を購入しようとすると、価格の幅が大きいですし、女性のイメージが強く

『家族みんなで使える脱毛器』? どれを選んだらよいのか、迷ってしまいますよね。


脱毛器は女性用を中心にスペック進化してきたので、男性が使えるのかどうかも、不安ですよね。








家庭用脱毛器を選ぶときのポイント

ポイント1.照射面積の大きな脱毛器を選ぶ


家庭用脱毛器には部分脱毛に使う照射面積の小さなタイプと、ヒゲ・顔・足など広範囲に使いやすい照射面積の大きなタイプがあります。


照射面積が大きな脱毛器がお勧めです。照射面積が小さいと、面倒過ぎて使い続けられません。


ポイント2.短期間で効果を感じる強い照射パワーを選ぶ


本体の大きいほうがパワフルで脱毛効果も大きいです。


カートリッジのランプは1本のもの、2本のものがありますが、パワーが大きく、短期間で脱毛効果を実感できる2本タイプをお勧めします。


ポイント3.肌に負担が大きな安い脱毛器は選ばない


家電量販店や通信販売などでは、1万円台の家庭用脱毛器も販売されています。


使ってみると、痛みが強かったりして、顔やデリケートゾーンには安全上使えないものがほとんどです。


また、本体がすぐに熱くなったり、照射部分が汚れやすいなどの欠点が多いです。


火傷・乾燥などの肌トラブルを起こす危険性のないものを選びたいです。


相場は6万円~8万円なので、極端に安い脱毛器は避けた方が無難です。


ポイント4.コストパフォーマンスは照射回数とカートリッジの交換可否をチェック


   脱毛器のフラッシュランプは、電球と同じで寿命があります。


これをカートリッジとして交換できるタイプと、交換できないタイプがあります。


交換できないものは、ランプが切れてしまうと本体ごと交換することになり割高になります。


長期で使いたい、または家族などでシェアする場合は、カートリッジ交換タイプをお勧めします。