新しい車の所有方法。マイカーリース
月々お得な定額料金で、車のある便利な生活!


日本自動車リース協会連合会によると、個人向け保有台数は18年3月時点で25万7千台と3年で10万台増えました。


22年度は93万6千台に達すると予測されています。


通勤、近所の買い物などの足代わり用として、個人の新しい車の持ち方として「カーリース」は注目されています。


2018年以降、個人向けカーリース市場が、新しい車の持ち方として「税金コミの月額定額」で、需要が高まっています。


車の乗り換え検討中の方初めて車を手に入れようとしている方オススメです。


頭金が不要で、定額で新車が持てるのも魅力です。



菅首相は、地球温暖化対策、カーボンニュートラル政策のひとつとして、2021年1月に2035年までにすべての新車販売を電動車に切り替え、純ガソリン車、純ディーゼル車の新車販売を禁止する方針を明らかにしました。


また、東京都の小池知事はそれに先駆け、2030年までに都内での純ガソリン車、純ディーゼル車の新車販売を禁止すると発表しました。



今後、車の乗り換えを検討されている方は、それに先駆け、マイカーリースで、色々な車を試されてはいかがでしょうか?






カーリースは、リース会社が新車を購入し、その新車を定額のリース料金を設定して使用者に貸し出すといったサービスです。


住居に例えれば理解しやすいかもしれませんが、カーリースは新築マンションに家賃を払って住んでいるようなものです。








3つの方法を比較した上でおすすめしたいのは、頭金不要、毎月一定額の支払いで好きな車を選んで乗れるカーリースです。


ボーナス払いの設定なしで、契約満了時の残価精算の責任もなく、月々1万円台から安心してカーライフを楽しめます。


さらに、「もらえるオプション」を付ければ走行距離を気にせず最終的に車を手に入れることが可能です。


予算を抑えて、安心してマイカーライフを楽しみたい方には、是非オススメです。



 新車を購入すると、当然ですが車体価格を全額払うことになります。


一方、カーリースの場合は車体価格から残価が引かれているので、車体に払う代金は安くなります。


しかも、カーリースは保険や税金といった初期費用や、メンテナンスなどの維持費用も月額料金に含まれていて、月額料金以外の支払いがほとんど発生しないプランもあります。


カーリースであれば安くお得な月額料金を支払うだけで、すぐにカーライフを楽しむことができます。


<特徴1>月々決まった定額料金で、マイカー感覚で車が持てる。



<特徴2>残価設定があるから安く、ネット申込が基本の為、勉強価格。







<特徴3>契約期間が長いほど、月額料金が安い。


カーリースでは、車両価格から残価を差し引き、お支払回数(月数)で割って月額料金を決定しています。


したがって、契約期間が長いほど、月額料金は安くなります。


カーリースの契約期間はリース会社によって様々ですが、3年・5年・7年など、あらかじめプランが定められているサービスもあります。


1年単位、最長11年までの契約が可能です。


<特徴4>車検代やメンテナンス費用をコミにできるから大きな出費なし。


マイカーを所有していると、必ず車検を受ける必要があります。


長く車に乗っているうちに不具合が起きたり、パーツ交換や修理が必要になったりする場合も多くなります。


カーリースの場合、車検やメンテナンスの費用はリース会社のプランによって異なります。


自己負担のプランもありますが、費用が月額料金に含まれているプランであれば、車の維持費用も均等払いになるので大きな出費が必要ありません。


車検やメンテナンス費用を月額料金でコミコミにできる3つのメンテナンスプランが用意されています。


また、全国30,000店舗でメンテナンス対応が可能なので、最寄りの店舗ですぐにメンテナンスを受けられます。









お客様の声




人気車種一例